ラグビーワールドカップ2019/ITAvNAM

Match5はイタリア対ナミビア、花園です。
ラグビーではあまり馴染みのないナミビア。世界ランキングは23位。
ワールドカップ出場国の中では最下位ですがどんなもんなのか。


囲まれるニック・ベリー

なんと先制はナミビアでした!
5分、イタリアのラインナウトの失敗からハーフのスティーブンスのトライ。
ナミビアやるじゃん!キックも決まって0-7



10分、イタリア、スクラムからペナルティトライ。
結構あっさりペナルティトライになっちゃった。7-7

25分、イタリア、モリーシのブレイクからアランが真ん中にトライ。
キック成功。14-7

40分、イタリア、終了間際にテバルディのトライ。
このトライはもったいなかった。難しい位置のキックを決めて21-7
これで前半終了です。やっぱりナミビア苦しいか。


43分、イタリアのトライ。キック成功。28-7
これで4トライ。ボーナスポイントです。
そろそろ点差が開いてきました。

46分、雨ザーザーの中、カルロ・カンナのトライ。35-10
ラグビーって雷ならないと中止にならないんだって。怖っ



ニック・ベリーとナイジェル・オーウェンズ

あんま雨の感じがわかんないけど、めちゃくちゃ降ってます。
こんなに大雨なら一旦休憩にすりゃいいのにね。そりゃ無理か。
50分、ナミビア、ペナルティキックを決めて35-10

56分、今度はトライ!ナミビア食い下がります。35-15

65分、めっちゃ晴れる。

69分、75分、イタリア連続トライ。47-15

78分、ナミビア、最後に意地のトライ!キックも決まって47-22
あと1トライでボーナスポイントでしたが、これでノーサイドでした。
お客さんは結構ナミビアを応援してた。
四年前の南ア対日本のときみたいでした。
弱いチームを応援したくなるものですよね。

ナミビアはニュージーランド、南アフリカと対戦せねばならないのです。
過酷ですが、イタリア相手にここまでやれたら大丈夫。頑張れナミビア!!!


POTMはイタリアのロック、ルッツアでした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました