ラグビーワールドカップ2019/FRAvARG

Match3はいきなりのビッグマッチです。
このゲームの勝者がプールCの2位になるであろうと思われます。
ちなみにわたし予想はアルゼンチンの辛勝!
フランスも好きだけど、今年のアルゼンチンはそれよりも強い!気がする!


「どっちが表?」みたいな顔の三人。

わたしはなぜか、アルゼンチン国歌を聴くと泣きたくなります。
長い前奏とみんなの潤んだ目とあの切ないメロディが泣けてくる。
君が代では泣けないんですけどね。
それとアルゼンチンのジャージに襟がついてる!ジェントル〜


前半スタート。お互いかたさはなさそうに見えました。
スクラムは序盤はアルゼンチンが優勢な感じ。

14分、ペナルティキックでアルゼンチン先制。0-3
ちなみにサンチェスは数分前に一本キック外してます。

18分、フィクーのトライ。キックも成功。7-3

21分、デュポンのトライ。キック成功。14-3
ハーフのデュポンはなかなか攻撃的です。最近はこういう強気なハーフがいいですね。
フランスのパスがキレイにスルスル通って、「シャンパンラグビー」思い出しました。
昔言われてましたよね?泡のように次々と選手が現れてってやつ。
もう古い?死語?「死語」さえ古い?


ナイストライ!

29分、40分とペナルティキックを決めて20-3
ヌタワック100%で前半を折り返します。
まさかこんなに点差がつくとは思いませんでした。どうなるアルゼンチン。


クレイビーとヤコ

意味のない写真載せちゃった。
クレイビーってもうキャプテンじゃないんですね。
すごくキャプテンっぽいのになぁ。
ラインマンはわたしの愛するヤコでした。
ヤコが日本にいるなんて…嬉しすぎる。



そして後半は突然アルゼンチンペースになります。

42分、パディギザベル(発音微妙です)のモールトライ。キック成功。20-10
53分、またしてもモールトライ。モントーヤ。キック失敗。20-15
アルゼンチンが完全にモールを制してきましたよっと。
フォワードはフランス優勢と思っていたので心外ですが。
いよいよわからなくなってきました!!!

60分、67分、立て続けにペナルティキック成功でついに逆転!20-21
いけーーーアルゼンチン!!!ロス・プーーーーマース!!!
俄然盛り上がってまいりました!!!

しかし、ここで信じられないまさかのドロップゴール!カミュ・ロペス!!!23-21
解説も言ってたけどこれはほんとにすごい決断だと思います。
タイミングもとても微妙でチャージされそうになりながらも決めたロペスは偉い!
あの時のダン・カーターかと思いました。(前回の決勝)

78分、アルゼンチンがペナルティをもらいます。とっても微妙な位置。
ラインナウトだと誰もが思ったでしょうね、わたしも思いましたよ。
それがなんとまぁショットの選択!キャーーー!めっちゃおもろいやん!!!


ほら、これ、どう思います。
入ったらかっこいいよ、もちろん。
難しいよね…プレッシャーもあるよね。
でも案外角度ないかも。まっすぐ蹴ったら大丈夫!

って、、、外すんですーーー!!!

でもこれは仕方ないですよね。
あの時のステインかと思いました。(東芝のとき)


試合はこれでノーサイド。
プレイヤーオブザマッチは12番のフィクーでした。

いやぁ、ラグビーって本当にいいもんですね〜

本当に面白い。こんなおもろいスポーツもっと人生の最初っから知っときゃよかった〜


フランス、おめでとう!!!
順当にいけばCの2位通過と思われます。
でもそうはいかないのがこれまたラグビーの面白いところです。

ワールドカップは始まったばかりです。まだまだ楽しんで行きましょ〜




コメント

タイトルとURLをコピーしました