ラグビーワールドカップ2019/ENGvTGA

Match7イングランドトンガ、札幌ドームです。
ドームっていいよね、雨にも風にも影響されなくて。
開けたり閉めたりできるのが一番良さげだけど、めんどくさいのかな。

前回大会、母国開催で決勝トーナメントに行けなかったイングランド。
エディに鍛えられてどれほど強くなったのか。ってかもう十分強さはわかってるけど。
トンガがどこまで対抗できるか、楽しみですね〜


まだ怒っていないエディ

エディ・ジョーンズがサントリーの天然水を飲んでてなんか嬉。

10分、オーウェン・ファレルのペナルティキックで3-0
解説の藤島大さんが言ってたんですけど
「ファレルは17歳の時33歳のお父さんと一緒にサラセンズの試合に出た」って…
まじか、お父さん、16歳の時の子か!すごいね!
若くして産んどくとそんなことができちゃうんだ〜。羨ましい。

13分、タクルアのペナルティキックで3-3
すぐ同点。落ち着いた試合の入りとなりました。

23分、トゥイランギのトライ。キックは失敗8-3

トゥイランギとメイ

試合再開。イトジェのオブストでめっちゃ机を叩くエディの映像が流れる。
藤島さん曰く「いつものエディさん」
静止画はわかりづらいですが、左側のブレてるのがエディの手。



30分、ジョニー・メイからまたトゥイランギのトライ。
キックも決まって15-3
36分、ファレルがペナルティキックを決めて18-3
これで前半終了です。
もっとイングランドがじゃんじゃんトライとるかと思ってましたがそうでもなかった。


42分、ファレルがペナルティキックを決めて21-3
地味に刻んできます。堅実です。

56分、イングランド、ラインナウトからモールトライ!
フッカーのジェイミー・ジョージ。キック成功28-3

試合序盤からだったんですがイトジェのノックオンが多すぎ
ノックオンが多いと試合がしまらないですよね。

76分、ジョナサン・ジョセフの突破からカーワンディッキーのトライ。
これは完全に抜けました。トンガの集中が切れた感じ。キック成功35-3
これで4トライ。ボーナスポイントです。

最後にトンガが攻めるもノックオンでノーサイドです。
結局トンガはノートライ。ここまで差が出るとは。
POTMは2トライをあげたトゥイランギでした。

最後にはエディも笑顔になってた!よかった!

エディには四年ごとに各国の代表の監督をやってほしいな。
できれば弱めのとこに行って強くしてきてほしい。
アメリカとか鍛えたらすごく強くなりそうな予感です。


入りは静かなゲームでしたが、結果イングランドの快勝でした!!







コメント

タイトルとURLをコピーしました