ラグビーワールドカップ2019/IREvSCO

Match6はプールAの二強の争いです。
アイルランドがプールAの1位通過をするんじゃないかと予想してますが
そんなに試合を見たわけじゃないので実力は実はわからない。。
ってことで日本の次の対戦相手のチェックも兼ねて観戦です。


5分、ヘンダーソンが抜けてフォワードでごり押しトライ。キック成功。7-0
トライはロックのライアン・ウィルソン

14分、またもフォワードでモールトライ。ローリー・ベスト。キック外れて12-0

ローリー・ベスト


20分、スコットランドがペナルティキックを決めて12-3
レイドロー、四年前と変わらない気がする。
それとスコットランドのジャージのチェックの柄がかわいい。

24分、アイルランドがスクラムからまたフォワードでトライ。3番のファーロング
キック成功。19-3

トライを決めてえへへ



37分、今大会初のタンカ。スコットランドのワトソン交代。
フランカーの位置に16番の選手が入る謎。




39分、ペナルティキックをマレーが外して前半終了。
そんなに難しい位置には見えなかったけど、キックはわからないですね。
それにしても、会場に外国人が多いせいか、カメラ画が海外っぽいからなのか
ここが日本とは思えない映像です。

これを外す。少し遠いか。

もうちょっと拮抗するかなと思ったけど予想以上に開いて後半です。
雨が降ってきました。でも台風直撃しなくてよかった。

55分、アイルランドのトライ。キックは外れて24-3
ここら辺でセクストンマレーが早めの交代。

67分、アイルランドがペナルティキックを決めて27-3
この時間帯のこの点差でまだショットを選択する手堅いアイルランド。

69分、ホッグのブレイクから敵陣攻め込み、しかもシンビンもらいます。
もう勝利は難しいけど、最後にワントライをとってほしい!
…と思いましたがアイルランドのディフェンスは14人になっても固かった。

このままノーサイド。スコットランドはノートライに終わりました。
フルバックのホッグが何度か攻め込みましたが、それに続くものがありませんでした。
レイドローの良さも前大会ほどではなかった。歳かな。

アイルランドのハーフ、コナー・マレーがよかった。
今時めずらしいサイズのあるハーフなんですが、柔らかい動きで頭良さげ。
マレーとセクストンは怖いなぁ。日本戦はどっちか休んでくれないかな。

てなもんで、Match6はアイルランドに軍配です。
POTMはアイルランドのエイト、スタンダーでした〜





コメント

タイトルとURLをコピーしました