ラグビーワールドカップ2019/NZLvNAM

Match27、ニュージーランド対ナミビアです。
ナミビアがどこまで対抗できるか楽しみちゃんです。

この日のニュージーランドは10番がジョーディ。初では?
9番がアーロン、控えにウェバーとTJ・ペレナラというハーフが全員集合してますが如何に?
どうやらTJはスタンドオフができる模様。もしやキックも蹴れる?
どこで誰が出るのか楽しみです〜。ボーデンはウォーター。

開始早々2分、ナミビアがペナルティキックを決めます!0-3
この時点でニュージーランドに勝ってる!ヘッドコーチもこの表情。

キック決まってこの表情!

6分、ジョーディのキックパスからセヴ・リースのトライ。5-3

16分、レタリックの顔面チャージ。
この写真じゃわかりづらいけど、おでこでチャージした模様。

20分、アントン・レイナートブラウンのトライ。ハンドオフの連続が見事でした。
ジョーディが二本連続でキック外す。大丈夫かしら。10-3

25分、29分、ナミビアが連続ペナルティキック成功。10-9
迫ってきた。でもやっぱりトライは取りきれません。

30分、ラウララがシンビン。ニュージー14人に。
今大会結構厳しいハイタックル。賛否両論かもだけど、この判定はやりすぎ。
低く入ってきたからこうなっただけなんだけどなぁ。

35分、ニュージーランドのプロップ、タウバオのトライ。
14人なのにトライとってきました。キックも決まって17-9

44分、ベン・スミスのトライ。アーロンのパスは速ぇなぁ。31-9
あ、前のトライでボーナスポイントですね。
これで前半終了。一人少なくてツートライか。さすがっす。

後半はオールブラックスのショウタイムでした。
41分、ジョー・ムーディ
46分、アントン二本目
51分、セヴ・リースも二本目
55分、ホワイトロック
67分、ベン二本目
75分、ジョーディ
79分、TJ・ペレナラ

以上11トライでございました。
さすが、どこの国にも手を抜かないオールブラックスですな。

最後のTJ・ペレナラのトライはすごかった。
ウェバーのトリッキーオフロードを受けたTJが二人のタックルを弾き飛ばして飛びながらトライ!
これはもう個人技です。素晴らしかった。

すごすぎて何も言えねぇ

最終スコアは71-9
POTMはアントン・レイナートブラウンでした。
アントンとグッドヒューのコンビもいい感じでした。


オールブラックスはやっぱ最高!!
でも試合後のナミビアヘッドコーチはこの表情。

yeah!

オールブラックス相手にこの内容で満足なんでしょう。
わかるわ、そうですよね。
一方スティーブ・ジョンソンはファンにサイン。
この人もサイン書いてくれるんですね!いいなぁ。


案外優しい

ニュージーランドの三連覇がちょっと見えてきた良き日でした。
ではまた〜




コメント

タイトルとURLをコピーしました