ラグビーワールドカップ2019/ITAvCAN

Match11、福岡でイタリアカナダです。
カナダは初戦、イタリアは中三日です。
ラグビーで中三日ってどうなの。ピッチャーじゃないんだから。
80分間、ちっちゃな交通事故にあってるようなもんなんだから
一週間は休ませてあげたいですね。休息。ってか治療レベル。

世界ランキング22位のカナダはどんなもんでしょうか。
2011年のワールドカップは日本と互角くらいでしたね。
あ、あとテレビでカナダ代表が浴衣を着てる映像が流れたんですけど
全員左前だった…誰か教えてあげなさいよ。



前半2分、開始早々イタリアがペナルティキック。3-0

7分、スクラム〜エイト、ステインのトライ。キック成功。10-0

12分、ロックのバッドが抜けてトライ。キック成功。17-0
ワンサイドの予感がしてきました。頑張れカナダ。

17分、カナダの反撃。エイト、アードロンが抜けてオフロード!
完璧なトライかと思いきや、センター、リサージュ、痛恨のノックオン!
本当に惜しいプレイでした。

ファンブルからのノックオン…

この後も攻め続けるカナダでしたが、いいところでノックオン祭。
ノックオンが多すぎるとなんだかつまらない。。。
結局このまま前半終了です。17-0


後半すぐ43分、シェパードのトライ。キック成功。24-0

57分、今度はモールトライ。と思いきや、反則があってペナルティトライ。31-0
そして20番のハートンがシンビン。ダブルショック。
ペナルティトライって精神的にもしんどいわね。
これでイタリアは4トライ。ボーナスポイント獲得です。

64分、ついにカナダのトライ!かと思ったけどノックオンの疑いがかけられTMO。
結果…ノックオンでした。またもやノックオンか。
写真はコンバージョンの準備をするカナダのボールを取り上げるナイジェル・オーウェンズ。
キックティーに置いたのに拾う。。相変わらず厳しいですね。。


68分、気を取り直して、ようやくカナダのトライ!やっとです!
23番のコー。キックも決まって36-7。完封を免れる。

しかしこのあとは72分、78分、イタリアの連続トライ。
48-7でノーサイド。POTMはイタリアフランカーのポレドリでした。

ワールドカップといえどこういうゲームはあるものですね。
駄試合とまではいかないけれど、ここまでワンサイドになってしまうとちょっとつまらない。
ワールドカップだから最後まで見たけど、普段なら見ないかな。。


カナダの健闘を祈るばかりです。頑張れカナダ!!!








コメント

タイトルとURLをコピーしました