ラグビーワールドカップ2019/RSAvITA

Match23、南アフリカイタリアです。
イタリアは南アフリカかニュージーランドを破らないと決勝トーナメント進出は厳しい。
どっちも鬼強なのでなんとも言えないけど、善戦してくれると期待してます。

開始2分でイタリアのプロップ、フェラーリが離脱。
本人も悔しそうだけど、辛いのはリザーブの18番のニチョリほぼフルタイム。
それにしても「フェラーリ」ってセカンドネームがあるんですね。

5分、コルビが速すぎるトライ。スピードが桁外れ。こんな人いない。
難しいキック成功で7-0

初速が速すぎる!

8分、イタリアのペナルティキック成功7-3

12分、南アフリカのペナルティキック成功10-3

18分、イタリアの代わったプロップのニチョリがHIA。
これで3番が二人ともいなくなったためノーコンテストスクラムの宣告。
サンウルブズの苦い思い出が脳裏をよぎりました。。

19分、イタリア5番バットのタックルでポラードがノックオン。
諦めないでヒールタックルにいったのが良かった。いいプレイでした。

ナイスタックル!

26分、ンボナンビのトライ。キック成功17-3

これで前半終了です。
イタリアがんばれ〜

42分、イタリアの猛攻。アドバンテージもらってもうちょっとでトライのところで笛。
ゲーム止まったのにロボッティフェルミューレンを頭から落としちゃう危険なプレイ。
もう誰がどう見てもレッドカード。南アフリカの選手も固まってた 笑

あかん。

むしろ二人レッドカードが出てもおかしくない。こういうのやっちゃいけない。
せっかくいい試合だったのに台無しになりそうな予感。
しかもアドバンテージもあったのに…もったいなさすぎる。。

44分、デュトイのトライ。と思ったけどオブストで幻。

50分、南アフリカのペナルティキック成功20-3
もうショットなんて狙わなくてもいいのにって思っちゃったけど、安パイとるんですね。

52分、ポラードのキックパスをコルビがナイスキャッチ!
本日二本目のトライ。25-3

57分、ターンオーバーの連続で全員辛そうな中、アムのトライ。32-3。これでボーナスポイント。

68分、血だらけのマピンピーがトライ。39-3



74分、ハーシェル・ヤンチースの鋭いパスがラインマン・ロマンの脇腹を直撃!
しばらく苦しそうなロマン。最後は舌を出して苦笑い 笑

痛かったね


75分、コルビのすごいタックルでこぼれたボールを拾ったスナイマンのトライ。
コルビはディフェンスも素晴らしい。44-3

82分、マルコム・マークスがモールドライヴでトライ。49-3
これで打ち止めです。締めました。結局こんなに開いちゃった。まぁ当然か。

POTMはやっぱりコルビでした。そうだよね〜

あのレッドカードが全てを物語ってますね。
ワンサイドな試合になってしまって残念でした。
イタリアはまだニュージーランド戦が残ってるので頑張って欲しいです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました