シックスネーションズ2020/INGvIRE

ついにきました、ファレル親子対決です。
対決って言ってもプレイヤー同士じゃないからなんともね。
アイルランドのヘッドコーチが父アンディ
イングランドのキャプテンが息子オーウェンです。
前にも書いたけど、アンディ・ファレルが17歳の時の子ってことにビックリ。
一緒にプレイしたこともあるらしいよ。
若い時に子供を産んどくといいね!!
個人的にはイングランドのコートニー・ロウズがスタメンなのが嬉しい。
主審がヤコなのも頼もしいです。

いいゲームになること必至!ではスタート!!


点が動いたのは8分、イングランド、ジョージ・フォードのトライ!
ファレルの裏に転がすキックをうまくキャッチしました。
というかセクストンのミスかなぁ。。。7-0


13分、結構簡単なペナルティキックをセクストンが外す!!
ほぼ角度ないよ!さっきのミスの影響かしら。


28分、イングランド、エリオット・デイリーのトライ!
今度はジョージ・フォードの裏へのキック。
最初のトライとほぼ一緒パターン。
アイルランド、裏が空いてしまうのを修正せねば。14-0

39分、ファレル、ペナルティキック成功。17-0
これで前半終了です。
なんとアイルランドが完封で折り返し。


はい、後半スタートです。
49分、アイルランド、ヘンショウのトライ!!
ついに取ってきました。
ゴール正面のペナルティをスクラム選択ってのも
どうかと思いましたが、取りきれてよかった。
でもね〜またキックが外れます。。
セクストン、どうした!!


顔面を押さえられながらもグランディングするヘンショウ。

54分にマレーを代えるアイルランド。早くないか。
ってかセクストンを代えてあげたほうがいいんじゃないのか。

63分、イングランド、カーワンディッキーのトライ。
ラインナウトからバックスも入ってモールトライ!24-5

その後、点数動かず
82分にポーターの意地のトライで24-12
これでノーサイドです。

Player Of The Matchは顔がボッコボコのコートニー・ロウズでした。
試合前からこうだったけど、エディにやられたのかしら。イヒヒ。



もうまったくアイルランドらしからぬアイルランドでした。
いいとこどっかあったかなってくらいで。
やっぱり10番がキャプテンをやるのは厳しいんじゃないかと思いました。
キッカーだしね。キッカーをマレーにするとか。
ベテランハーフ団が調子悪かったなってイメージです。

親子勝負は息子さんに軍配!!
この後、親子で話し合ったりするんですかね。
シックスネーションズが終わってからかな。

イングランドが勝手優勝が見えたような予感?

ではまた〜^^




コメント

タイトルとURLをコピーしました