翔んで埼玉

こんちは、水戸屋です。

今日のしまねしねまは「翔んで埼玉」
邦画はジブリと三谷幸喜しか見ないのですが
この映画は旦那さんがみたいというので。
原作は見たことあります。
なんか宝塚っぽいなぁと思った記憶。

主役の麻実麗にGACKT
めっちゃはまり役です。
っていうか、素なんじゃない、これ。


ストーリーは手っ取り早くいうと
とにかく埼玉をディスる話です。
なので地方の人が見ても
おもろくないと思います。
っていうか、わかりません!!

A組→赤坂、青山
B組→中央区、新宿区
E組→八王子、田無

って言われても意味わかりませんよね?
都内に住んでない人には。
田無なんて今は無いし。知る人ぞ知るです。


それと千葉県人代表の伊勢谷友介もよかった。
どんどんお父さんに似てきました。


キャストの皆様が素晴らしい。
久々に邦画観ると役者の能力の高さにビビる。


最終的に埼玉v千葉で戦うのですが
有名人対決には笑いました。
小倉優子と小島よしおに「弱い!!」って!笑


市原悦子で爆笑です。


でも何もかもが
関東圏を知らないとおもしろくない

ひょうちゃんのことなんて知る由もない。
わかるとすごいおもしろいんですけどね。
原作を読んでみるのもいいのかもしれません。

笑える度★★★★☆
泣ける度★☆☆☆☆
子供と見れる度★★☆☆☆

GACKTと伊勢谷の濃厚キスシーン
一度だけあるので
そこだけお子様の目を塞げれば大丈夫です。
でもそのキスシーン、なかなかのもんでした。

というか、結局BLだからね。笑

あとやっぱりGACKTって
かっこいいんじゃないかって思ってしまった。
わたし、大丈夫かな。

今後は邦画も観ていこうかなと思いました。

ではまた〜^^







コメント

タイトルとURLをコピーしました