支那そば かつみ【特製ワンタン麺】

どうも〜毎度〜、水戸屋です。

今日のラーメンは支那そば かつみです。

昔、中学の英語の先生が
「支那そばの『シナ』とは何?」
などという謎のテーマを
授業中に突然話し始め、
(英語と全く関係ないのに…
ただのラーメン好きか?)
な〜んて軽い気持ちで聞いてたら
「CHINA」ってでっかく黒板に書いて
「これをシナと読んだんだと思うんだよねぇ」
って言われて、
超納得してしまった記憶があります。

はい、昔話でした。



店舗外観です。
い〜感じの店構え&のれんです。
この店はいつ見ても混んでいて
なかなか行けませんでした。
なのでオープンとほぼ同時、
11時10分にに来店しました。
なのに先客三名!!カップルと兄ちゃん。
みんな同じこと考えてるんですかね。

カウンターのみで7席、
4席3席のくの字です。
厨房には男性お一人。
この人がかつみさんでしょう(予想)



メニューです。簡潔です。
せっかくだからワンタン食べたい。
せっかくだからエビと肉の両方食べたい。
でも4個も食べられるだろうか。。
あと「白」「黒」「ミックス」
3種のスープも迷う。
ミックスってのは中途半端だし〜
黒が食べてみたいけど、
とりあえずしょっぱなは白?
白から入った方が無難?
とか、いろいろ考えてたら
かつみさん(予想)に
「お決まりですか」と聞かれる。
まだ迷っていましたが
「特製ワンタン麺のエビと肉二個ずつの白」
に決めました。
ふぅ、めっちゃ迷った。

注文が済んだのでマスクを外すと
めっちゃ魚介の香り!!

先客3名のラーメンもまだ出ていません。
これはちょっと時間かかる感じかな?

店内とても清潔感のあるオシャレな感じです。
BGはジャズ。
東松江の神楽も確かそうだった。
な〜んて思ってたら2名来店。
続いて1名来店。
残1席です。
開店から20分でほぼ満席。さすがです。

最初にひとり兄さんのラーメン完成。
何味なのか気になるが、
言ってはくれなかった。残念。
ここで隣のカップルの女性だと思ってた人が
ロン毛の男性だったことが判明。


わたしの目は節穴です。

そのカップル二人にラーメン到着。
味は「黒」と「ミックス」でした!
ややショックでしたが
すぐにわたしの「白」も到着です。




かつみさん(多分)が作ってくれた
「特製ワンタン麺、白」です。
ワンタンがめっちゃ美味しそ〜
高円寺のはやしまるを思い出します。

スープはあっさりだけど、
魚介の旨味と香りがすごい。
まずは白からにして正解だったのかも。
麺はストレートの中太。
茹で加減もバッチリでもちもちです。



それとワンタンね!!
エビのワンタンがプリプリで
最高おいしいい!!!

ほんっとに「the エビ」って感じで
語彙力なくてすいませんですが
まじでうまい。
肉ワンタンも美味しいけど
俄然エビ派です。
麺も適量だし、6個もいけたかもしれません。

チャーシューも見た目ほどクドくなく
スルッととろけます。

もうこれは、非の打ちどころがない。
あっさりラーメンに惹かれないけど
全体的に良すぎました。

わたしが食べている間にも
お客さんはどんどん来て
みんな待っていたのですが
ちゃんと順番で座らせているのもよかったです。


お店を出る時は4台分の駐車場はいっぱい。
わたしのような運転に自信のない方は
イオンに車を止めるのもよかろう。
くら寿司の駐車場も広かったです。

かつみは再訪決定です。
次は黒で!!
ごちそうさまでした★★★★★


コメント

タイトルとURLをコピーしました