じもん【勝浦タンタン麺】

勝浦タンタンメン。
もはや普通の坦々麺とは別物です。
もともとは漁師飯だったらしい。
冷えた体をあたためるためにラー油、唐辛子をたっぷり。
玉ねぎと豚ひきがデフォです。

この店はわたしがはじめて一人で
行けるようになったラーメン屋さんです。
以前はなぜか一人でお店に入れなかった。

どうしてもじもんのラーメンが食べたいけど
ダンナは仕事でいないし
でも食べたい….っていう葛藤に勝ちました。
食券っていうのもいいのかも。
今となっては一人でどこにでも行けます。
それもこの店のおかげなのかもしれません。

並びがいっぱいいたので
こんな写真になっちゃった。
「汗かいてる?」ってきかれてる。
食べたらわかりますが、汗はほんとに止まりません。

いつもなら神殺しなんですが
久々なのと仕事のことを考えて3辛にしました。
3辛は「激辛」ってかいてあるけど
そこまでではありません。
でも何はとあれわたしはお腹はクダる。

頼んでから5分ほどで着丼。
3辛半熟卵入り麺少なめです。
それと安定の幽遊白書です。
懲りずにいっつも読んでる。
こんな名作はないと思う。

半熟卵は100円なんですけどどうしても入れちゃう。
「失敗たまご」ってのが50円なので
それでもいいかって思った時もあったけど
やっぱ半熟がいいから!

相変わらずの真っ赤なスープが嬉しいです。
生ニラがちょと気になるので
いつも玉ねぎとひき肉をすすりながら
余熱で火が通るのを待ちます。
これがまぁすっごい体に悪そうな味なんです。
でもそういうのが美味しいんですよね。
麺は輪ゴムみたい(いい意味でね?)な中太麺。
でもなぜか美味しい。

わたしが行き始めた五年くらい前は
もっと玉ねぎが細かくてひき肉もバラバラだった。
今はその逆ね。味も大味になった感があります。
その割に値段はどんどん上がって今は800円。
う〜ん、う〜〜ん、でも行っちゃう。
月に一回の自分へのご褒美みたいな感じで行ってました。
ほんとは週一で通ってもいいけどね。

高円寺で二番目に好きなお店です。
ごちそうさまでした!★★★★★


この席、じもんの一番端っこの席なんですが
とっても半端な位置にあります。
テーブルが十分に使えないので少しナナメを
向いて食べる感じになっちゃう。
隣の人が知り合いならいいけど
そうじゃない場合ちと気まづい。
お気をつけください。

あと見ての通り幅狭なので
あまりにもでっかい人は入れないかも 笑




コメント

タイトルとURLをコピーしました