ネコ、病院のその後

我が家に住み着いた野良猫、にゃあちゃん
具合が悪くなって立てなくなったので
ついに病院に連れて行ったその後の経過です。

病院に行った日は一歩も動けずに
ぐっすり寝ていました。
点滴を打ってブヨンブヨンだった背中も
その日のうちにスッキリしました。

とりあえず外に出さないで過ごさなければ。
そのためにはトイレです。
旦那さんが段ボールで簡易トイレを作ります。
猫砂は買ってありました。

こんなのにおしっこしてくれるかな。。
と不安でしたが、砂の上に乗せてみたら
すんなりおしっこしてくれました。びっくり。
わたしが子供の頃に飼っていた猫は
なかなかトイレを覚えず苦労したのに…
にゃあちゃん切羽詰まっていたのでしょうか。

尿も便もしてくれたので安心して寝てたら
夜中ににゃあちゃんが「な”〜〜」と言って
ベットの上に歩いてきました!
自力で歩いてるのを見て嬉しかった。
寂しかったのか、寄り添ってきたので
一緒に寝ましたzzz



【二日目】
だいぶ復活したように見えましたが
2.3歩あるいては座って寝る。
という感じです。本調子ではありません。
相変わらずご飯を食べるのが救いです。
そして毛繕いもできるようになりました。

ペロペロ復活



夜、病院からもらったお薬を飲みました。
「口の中に突っ込んででも薬を飲ませて」
と言われていましたが
にゃあちゃん、ゴハンの中に混ぜたら
知らん顔して食べました。
こうやって知らず知らずに変なもの食べて
具合悪くなってるのかもしれない。。。
この日もベットで一緒に就寝。


【三日目】
昨日より調子が悪そうに見える。
というか、コンコンと眠り続けています。
薬の中にそういう成分が含まれているんだろうか。
ビクタスss20という薬です。

外に出してみましたが
ゴロンとして動きません。
まだ休憩が必要なのか、
もう家猫になる決意をしたのか。
ネコのみぞ知る。


野外です



【四日目】
一気に回復しました。
もうすっかり通常営業のように見えます^^
薬が良かったのか、
病院に行かなくても自力で治せたのか、
分かりませんがとにかく良かった。

夜はにゃあにゃあ鳴くようになりました。
外に出たいようですが、
なんとか一週間は耐え忍びたいです。
深夜ににゃあに起こされ睡眠不足です。


いい顔になりました


【五日目】
もう外に出たくてたまらない様子。
一週間後に病院に行くので
それまでなんとか耐えたい。
一応薬は飲んでいます。
トイレは場所を覚えてくれました。
カリカリも食べられるようになりました。

家猫にできるのか…
ネット情報では
三ヶ月から半年で外に出ることを諦める。
とありますが、ほんとにこれでいいのか。
ネコの幸せとは。
家の中で守られて、長生きすることが
果たして幸せなのか。
考えてもわたしには分かりません。
ネコじゃないから。
永遠の課題です。

出たいにゃ


【六日目】
わたしが仕事に行っている間に脱走しました。笑
お客さんがドアを開けたすきにサッと。
ここら辺はみんなピンポン押さずに
ドアガラッ。「こんにちわ〜」なので。

でも、まぁ、仕方ないですよね。
わたしの中ではこれを機に決心しました。
にゃあちゃんの幸せはこっちかなと。

もしかしたら帰ってこないかも。
ここに帰ってきたら
閉じ込められてしまうんじゃないかと
にゃあちゃんが認識してしまっていたらどうしよう。
しばらく帰ってこないかもしれないなぁ
と思っていたら次の日の朝に定位置で
「にゃあ〜〜〜(ゴハンくれ〜〜)」
と鳴いていました。笑
食欲が勝ったようです。
家の中にも入ってくるし、いつも通り。

とりあえずこれでまた様子見です。
にゃあちゃんが元気になって良かった!!

次はシャンプーに挑戦しようかな。

ではまた〜^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました