ラグビーW杯2019/2015年の番狂わせを見直してみた(後半)/日本代表

毎日暑いですね、水戸屋です。
まだ五月なのに夏の気配です。

今一度、2015年の番狂わせを見直してみたの後半です。
勝つってわかっていてもなんだか緊張します。
12-10、2点ビハインドの後半、スタートです。

写真じゃわかりにくいですが
転がすキックオフです。
なにやらいろいろ考えてますね。

42分、ペナルティをもらいショット12-13。逆転。
しかし直後の43分、ロックのde JAGERに抜かれてトライ。
キックも決まり19-13
ここでナキ登場です。ツイ→ナキ


ナキ
ナキ。今よりなんか小さい。

48分、ビスマスクのペナルティでショット19-16

みんなタックルがうますぎです。
トンプソンと田中史のダブルタックルで
スカルク・バーガーがノックオン!

ナイスタックル!

52分、トンプソンとナキの突破から
またペナルティをもらい五郎のショット。19-19
またもや追いつくジャパン。
こうやって離されずに地道についていったのが良かった。

エディも遂に叫ぶ

今見ても涙出てくるわ。
ここで大野→真壁。
120%の男、Mr.ALL OUTの登場です。
命名はもちろん矢野さん。

55分、久々のジャパンのペナルティ。
ショットを選択する南アフリカにブーイング。
客は完全にジャパンの応援。22-19。再び南アフリカ。

ここでフーリーとポラード登場。
ハーフ団を変えてきました。
ジャパンは三上から稲垣。

58分、倒れこみでペナルティ。
五郎のショットで再び追いつく。22-22

今更ながら松島幸太郎君がウィングなんですよね。
ディフェンスもハイボールもうまかった。
ここで田中史のダイレクトタッチ。珍しい。

めっちゃ悔しそう

61分、ストラウスの突進に轢かれる田中史。
そしてそのままトライ。キックも決まり29-22

轢かれた。

いつもならここら辺で突き放されて
負けるジャパンですがこの日はそうではありませんでした。
この時間でも誰も足は止まってません。
壁さんの気合も継続してます。いつもそうか。

この人の方がビーストじゃね?

田中史→日和佐。ハタケ→山下。
9番はフーリーと日和佐のサントリーマッチアップです。

65分、敵陣ラインナウト。小野から松島へ見事な内に返すパス。
松島も何人か引きつけて五郎へ。完全余ってトライです。観客は総立ち。
キックも決まってまたもや同点。29-29
奇跡が起きそうな気がしてきました。
本当にみんな素晴らしい!

ナイストライ!

69分、運命の人、JP・ピーターセン登場。
70分、ナキのノックオンから攻め込まれます。
ペナルティ見ながらだけどトライを阻止するジャパン。
まだ誰も切れていません。
大ブーイングの中ショットを蹴って32-29
だんだん南アフリカが可哀想になってきました。

小野→田村優。堀江→木津。
74分、ここからはもうジャパンタイムです。
78分、ペナルティが続く南アフリカに遂にイエローが出ます。
スクラムで勝負し続けるジャパン。
矢野さんの格言「スクラム組もうぜ!」もここで飛び出します。
このゲームは矢野さんも絶好調でした。

取材もされてたカモン!ジャパ〜ン!姉さん
見守るみんな。楽しそう。

エディはショットを蹴れといったみたいですけどね。
リーチの判断でスクラム組み続けたわけです。
同点で終わっても十分だった試合を勝ち切ったジャパン。
よくやった!すごい!

トライのこと書いてなかった。
81分、3回目のスクラムから日和佐、立川、ナキが二人を引きつけて
ヘスケスにパス。JPを吹っ飛ばしてトライ!32-34
最後の五郎のコンバージョンが雑だった。笑
これでノーサイド。


わかりづらいけどトライ!
おめでと!

ナイスゲームでした。
本気で勝てると思っていた人はどれくらいいたかな。
改めて見直しても涙出るくらい全員いいプレイでした。
80分、ディフェンスをやり切ったことが勝因でしょう。

東京のスタジオに来ちゃった深緑郎さんも笑えました。
喜びを分かち合いたいんでしょうね。

2019のワールドカップもジャパンに期待しましょう。
がんばれ!ジャパン!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました